車の運転免許を取得するには

運転免許の種類を決めて、教習場に通い、所定の学科試験と技能検定に合格することが通常の流れです。教習所の卒業証明書があれば、本免の実地検定が免除されますので、後は学科試験にすれば運転免許が交付されます。

運転適性検査を受けるための手順

ウーマン

予約申込み

インターネット経由もしくは、電話やFAXにて申し込むことができます。先着の予約受け付けとなっています。なお、ネット経由は事前にログイン用の登録作業が必要です。各支所へ連絡の上で、IDとパスワードの発行を依頼しましょう。

各種測定の実施

診断の種類によって実施項目が異なりますが、主に注意力や判断力及び適切な動作との連携、その妥当性を評価します。さらに、眼球の動き、動体視力などの測定も実施。安全に対する考えや危機回避能力の測定も対象となります。

診断の実施

測定結果をベースにして、安全運転を行うことができるのか、性格特性を問診によって判定します。また加齢による衰えの度合いを診断したり、一般診断ではカウンセリングを通じて、疲労感の程度を問診することもあります。

助言と指導

性格特性の測定結果と問診結果から、良い点や改善もしくは注意が必要な点に関してポイントをリストアップした診断票が発行されます。また、必要に応じて安全運転に関わる助言・指導が行われる場合があります。

様々な面から適正をチェック!運転適性検査で分かることとは?

男性

運転適性検査を受ける目的

自動車学校に入校すると、最初に適正検査が実際されます。これは、自動車を運転する上で、運転者となる方の心理的な特徴や行動パターンを知るための心理テスト(警察庁式K型、OD式安全性テストの2つのテスト)です。これから学科教習や技能講習を受けて運転免許を取得する方に向けて、安全運転と危険回避のためする防衛運転を心がけてもらうことを目的としています。

免許

運転適性検査ってどこで受けられるの?

教習所では一般講習に先駆けて実施されますが、適性検査だけを教習所で受けることはできません。すでに免許取得済みで、単体で受ける方のために警察から委託された業者が実施している検査を受けることができます。独立行政法人・自動車対策機構にて検査を受けることができます。また詳細は公式ホームページより確認することができます。

車

適性検査を受ける時の注意点

検査員の説明をしっかりと聞き、間違えないように注意します。もし、疑問点があるなら検査の前に、質問をして解消しておくことが大切です。心理的な特徴を見るテストですので、正直にありのままを答えます。よく見せようとして、嘘や誇張した表現としない用に注意してください。正確性や回答スピードを見ていく設問もありますが、焦らずに落ち着いて対処することが重要です。

教習所

失敗しない自動車学校の探し方

自動車免許を取得するためには、教習所の卒業して本免の学科試験に合格する必要があります。最速でも1ヶ月程度かかりますので、効率的に教習を受ける必要があり、通いやすさや費用を考慮して教習所を選ぶことが大切です。なお、情報サイトを活用すれば、立地や費用など各種条件を指定して、合致する教習所を探すことができますのでお勧めです。

運転免許の取得前に知っておきたいこと

費用は概ね15~30万円程度。検定をパスでないと追加教習で費用がかかります。普通免許であれば、AT限定とMTの2種類のいずれかを選択します。また、繁忙期は教習予約がとりにくく計画通りにいかないことも。短期間で確実な履修のためには免許合宿も検討の余地があります。

[PR]
運転適性検査を受ける
適性検査で見えてきる本当の自分

広告募集中