運転適性検査で免許講習前の不安を払拭しよう

車とお金

免許を取得しようと考えている人の中には、自分には果たしてドライバーとしての適性があるのか不安、という人もいるでしょう。そんな人でも運転適性検査を受ければ安心して講習を始められます。

みんなの口コミ

視力が悪い人はメガネかコンタクト必須ですよ!

女子大生として勉強に励む傍らでアルバイトに取り組み、地道に貯めたお金で運転免許を取得するため、20歳になってから教習所に通うことにしました。就職活動をスタートさせる前までには何としてでも取得を終えたいですし、全ての試験を1回で突破したかったです。申込を行って教習所に通い始めるとシステムについて色々を教えてもらうことができました。また、その際に運転適性検査というものを受けることになりました。様々な質問に回答するというシンプルで簡単な心理テストのようなものだったので、全く苦にはならなかったです。また、運転をするためにはある程度の視力が必要で、不足している場合はメガネかコンタクトが必須となることを知りました。自分はメガネが必要だったので教習所に通う時は必ず持参していました。
【20代 女性】

検査で自分の性格、注意点がわかりますよ

通勤や出かける際はバスや電車を利用していたので、車の運転免許は必要ないと考えていたので、社会人になってからも取得することはなかったです。しかし、結婚して夫の転勤を機に退職し、バスと電車が少ない地域に引越しをしてから運転免許が必要になりました。近場の自動車学校に通い始めた時、まず運転適性検査というものを受けました。心理テストのような感覚で受けられたので楽しめたのは良かったのですが、少し怒りっぽい性格だとわかり、冷静に運転する心掛けが必要と言われてしまいました。運転している時にイラっとすることはあるでしょうが、そこは怒りを鎮めることで済ませられることが多いです。ですから、練習を始める前に運転適性検査を受けられて良かったですし、20代のうちに運転免許取得を実現できて満足しています。
【20代 女性】

広告募集中