運転適性検査に関する疑問を解消しよう~費用も事前にチェック~

免許

運転適性検査に必要な費用

初任運転者向けの初任診断、及び65歳以上の運転者に適用される適齢診断はいずれも4700円です。また、交通事故によって死者もしくは重傷者を出し、特定の要件に該当する方が受ける特定診断(9,100円もしくは29,300円)があります。一般の方むけには、一般診断(2,300円)及び特別診断(10,100円)及びカウンセリング付き定期診断(4,700円)があります。

レディ

支払い方法

費用の支払いに関しては、申し込み時に案内がありますのでそちらを確認していただくか、不明な場合は、別途問い合わせすることをお勧めします。例えば、業務提携をしている自動車学校の受付け窓口や、自動車対策機構の各支社に問い合わせる等して確認してください。また、困ったことは、運転適性相談窓口に相談することもできます。

車

教習所が行なっている運転適性検査の内容

いくつかの検査があり、視力、聴力及び運動能力検査のように身体的な能力が対象となるものと、OD式安全性テストのように性格や健康面を見るものがあります。最も重視されるのは、視力であり一定の要件を満たす必要があります。聴力検査は特別に検査メニューが用意されず、運動能力も簡単なテストで終わることが多いのが現状です。

初心者マーク

運転適性検査で落ちないための対策法

自動車を運転をする上で適正がある性格であるかを、客観的に判断する心理テストであり、いくつかの設問に回答する必要があります。はじめに検査員が説明する内容には、しっかりと耳を傾けることが大切です。性格を診断するための心理テストですので、自分を良くみせようと話を盛ったり嘘をつかないようにしましょう。自然体でのぞむことが大切になります。

広告募集中